R2:双岩小学校日記

残暑お見舞い申し上げます。

8月13日(木)
 連日猛暑が続いておりますが、児童の皆さん、保護者の皆様、地域の皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。平素は、本校の教育活動に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。夏休みも前半が終わろうとしていますが、事故や体調不良の連絡もなく教職員一同安堵しているところです。
 今年は残暑がことのほか厳しいようです。くれぐれも体調にはお気を付けてお過ごしください。

子どもたちは、学校から離れて、規律を守りながら、思いっきり充実した日々を過ごしてくれていることと思います。これからも、よろしく御指導のほど、お願いいたします。

8月11日(火)
 「校内研修・・・プログラミング教育」
 今日は、講師に真穴中学校長M先生をお迎えし、教員全員で校内研修に取り組みました。
 まず始めに、キャラクターに指令を与えるプログラムを作成し、それにそれぞれが工夫を加えて、プログラミングを楽しみました。次に、ロボットにプログラムを組んで命令し、様々な動きをさせていきました。教員自らミスを恐れず、子どもたちにプログラミングの楽しさを伝えられるように、これからも研修を重ねていきたいと思います。


 「メダカ池のホテイアオイと学校園のトウモロコシ」
 花の開花時期が過ぎ、しばらく咲いていなかったメダカ池のホテイアオイ(ホテイソウ)が、再び勢いよく咲き誇っています。学校園では6月に植栽したトウモロコシの実が大きくなり、収穫のタイミングをうかがっているところです。間隔をあけて植えたトウモロコシは、土壌を改善したこともあり、さらに勢いよく生長しています。ミニトマトとオクラは毎日のように収穫することができています。学校閉庁日の期間も水やりを欠かさないよう努めます。


8月7日(金)
 「児童会役員が八幡浜愛顔ひろげるみんなの会議に参加しました」
 双岩小学校の児童を代表して児童会役員2名が「八幡浜愛顔ひろげるみんなの会議」に参加しました。この会の目的は、市内の小・中学校の代表児童生徒が一堂に会し、いじめをなくす行動について考え、課題を共有するとともに、学んだことを自分の学校に広げることを通して、八幡浜市全体でいじめをなくす取組につなげようとすることです。
 会には、市内の小・中学生35名を始め、引率の先生方、八幡浜市・各ブロック(中学校区)いじめ対策委員の方も参加され、大勢で会議が進められました。会の中で児童生徒は、いじめ解消のためのDVDを視聴したり、仲間づくり活動に取り組んだり、グループ別協議「いじめのない愛顔あふれる学校を作ろう」で課題に向き合ったりしました。そして、最後に講話を聴いて会を閉じました。
 双岩小学校を代表して参加した2名の児童にとって有意義な会となったようです。会で学んだことや感じたことを、2学期の児童会活動に生かしてくれることを期待しています。


 ※ 8月2日(日)5・6年生親子行事、9日(日)1年生親子行事の様子は、別の機会に紹介いたします。

暑い日が続きますが、お変わりございませんか。

8月5日(水)
 「YBサミット」
 今日は、八代中学校で、八代ブロック(八代中、松蔭小、神山小、川上小、双岩小)各校の生徒会及び児童会役員が一堂に会し、ブロックの諸活動について話し合う「YBサミット」が開かれました。双岩小学校から児童会役員3名が参加しました。
 会では、まず「あいさつ活動」について意見が交わされました。1学期は新型コロナウイルス感染症の影響で、小中合同の「あいさつこだま運動」ができませんでした。各校の取組を紹介した後、2学期「あいさつこだま運動」の日程等の確認をしました(双岩小学校はスクールバスの関係で小学校単独で実施します)。
 次に小・中交流活動についてグループ協議→全体発表が行われました。八代中生と校区の小学生の交流は、八代ブロックの交流活動の目玉です。小中の接続を円滑に進めることができるよう、毎年工夫しながら実施しています。今年度は、小学6年生が八代中学校に集まり、コロナ対策を講じた上で、中学1・2年生とゲームなどを通した交流を図る計画が立てられました。

 引率のT先生から「会では、双岩小児童会の3名も積極的に意見を発表していました。」と報告を受けました。双岩小学校児童会の代表として立派に務めを果たすことができたようです。3名の皆さん、たいへんお疲れ様でした(^∀^)

今日で令和2年度1学期が終了しました。明日から8月いっぱい子どもたちは夏休みです。1か月間、健康と安全に気を付けて元気いっぱいで楽しんでほしいと願っています。

 今日1学期の終業式を終え、明日から子どもたちが楽しみにしている夏休みが始まります。子どもたちにとって、1学期はどうだったでしょう。例年とは異なり、数々の制約や制限がある中、子どもたちはその時々の状況に柔軟に対応し、日々の学びに取り組めたと思います。33名の双岩っ子は、本当によく辛抱し、がんばりました(^_^)
 5月25日の本格再開から時の過ぎるのがとても早く感じます。今年度の1学期は2か月あまりでしたが、新しい生活様式・生活習慣への順応を始め、全てが子どもたちの中に蓄えられ成長のもとになったと思います。
 PTA役員はじめ保護者の皆様、公民館はじめ地域の皆様、例年とは異なる状況の中、急なお願いへの対応や温かい御支援ありがとうございました。
 明日から夏休みが始まります。子どもたちの安全に配慮いただき、素敵な夏をお過ごしください。
7月31日(金)
 「野菜の収穫」
 1学期最終日の今日、早朝の学校園(裏)で1・2年生が野菜の収穫を行いました。また、学校園(表)で栽培しているミニトマト、オクラ、唐辛子を、下校前に5・6年生に収穫させました。帰ってお家の方と一緒に食べてもらえるとうれしいです。


 「2くみ 創作帽子に係る作文発表」
 2名の児童が校長室を訪問し、創作帽子の披露と作文の朗読をしてくれました。まず立派な帽子に感心させられました。そして、帽子に込められた表現の奥深さや工夫箇所などの説明に感嘆しました。たいへん有意義なひとときでした。2人ともありがとうございました。


 「第1学期終業式」
 1学期が今日、終了しました。例年とは異なりいろいろなことが試される学期となりましたが、たいへんだった分、子どもたちはたくましく成長してくれたと感じています。多くの行事や体験活動が制限されましたが、中身の濃い充実した学期となりました。そして、大きな事故やけが、病気がなく安堵しています。
 掃除の後、体育館で第1学期終業式を行いました。式中の児童代表「1学期を振り返って」は、全校児童を代表して3年生のYさんが発表してくれました。1学期にがんばったことや夏休みにがんばろうと思っていることを力強く発表してくれました。そのあと校長が、1学期を振り返りながら児童の頑張りを称えました。続いての校歌は、マスク越しながらすばらしい歌声でした。立派な終業式となりました。式後、各学級で通知表が子どもたちに手渡されました。


 「集団下校」
 午後から終業式、学活を経て15:00に集団下校でした。A先生のお話のあと、児童会役員の号令で交通安全宣言を唱和し、さらに児童会役員3名から夏休みの諸注意が伝達され、帰路につきました。夏休み中、子どもたちが安全・健康に過ごすことを願っています。


 「今日の給食メニュー」
 今日のメニューは、しろご飯、コーンポタージュ、夏みかんサラダ、ハンバーグ、そして牛乳でした。今日で1学期の給食も最後です。給食センターの皆様のご尽力のおかげで毎日おいしく給食をいただくことができました。給食センターの皆様、給食に携わるすべての皆様に心より感謝申し上げます。1学期間本当にありがとうございました。

1学期も残すところあと一日だけとなりました。スムーズに“安全・健康で楽しい夏休み”に接続できるよう明日、子どもたちへの声掛け、働きかけをしっかり行っていきたいと思います!

7月30日(木)
 「朝の水やり。浄化装置の掃除」
 今日は朝から良い天気となりました。子どもたち自ら水やりや環境委員会の仕事に取り組む様子が見られました。


 「中休みの運動場」
 昨日と同じように「タイヤ跳びじゃんけん」で盛り上がりました。今日は朝から気温がぐんぐん上昇し、昼休みには32℃を記録しました(運動場の体感温度はさらにそれ以上であったと思います)。熱中症厳重警戒のレベルです。夏休み、子どもたちに気を付けて過ごすよう呼びかけていきます。


 「3年生が育てたひまわりが大輪の花を咲かせました」
 3年生が育てたひまわりがすべて開花し、大輪の花を咲かせました。背丈は優に3年生の女子児童の2倍はあります。4人は誇らしげに下から向日葵の花を見上げながら記念写真に収まってくれました。

 「子どもたちと学校のいろいろな様子から(7月複数日)」


 「今日の給食メニュー」
 今日のメニューは、しろご飯、そうめん汁(予定では豚汁でしたが、7日に出される予定であったそうめん汁に変更となりました)、野菜のしそ和え、鯛の塩麹やき、そして牛乳でした。すべておいしくいただきました。双岩小学校は明日も給食をお願いしています。ご迷惑をおかけしますが、給食センターの皆様、明日もよろしくお願いいたします。